お正月に義実家へ渡すお年賀は何がいい?おすすめや相場をご紹介!




毎年ながらお正月に義実家に渡すお年賀を悩みますよね。

お年賀を渡した後、義実家から「こんな気を使わなくていいんだからね~」なんてよく言われますが、言葉通り受けとっていいのやら・・・

そんなお悩みが該当する方に、お年賀の相場やおすすめ品のジャンルをご紹介します!

義実家にお年賀は必要か?

そもそもお正月にお年賀は必要なのかいつも疑問に思います。
お年賀はもともと神様へのお供え物の意味ですが、実際は新年の挨拶の手土産ですよね。

挨拶にくる家族分となると家計の負担になるし、こちらの好みでない品もあるし、正直いらない派です。

しかし、うちの実家であったことですが、過去に弟夫婦だけお年賀を渡さなかったことがあり、後でうちの母は弟嫁のことを礼儀がなっていないとぼろくそ言っていましたね。(その後耳にはいったのでしょう。渡すようになりました)

他の家はお年賀があるのにその家だけ手ぶらで挨拶にきた、となれば、やはり人は比較してしまいます。

ですので、必要なのか否かの判断は、他に挨拶に来る親族が渡しているかどうかが一つの判断基準になるかと思います。

他の家が渡しているのであればこちらも用意したほうがよいでしょう。

お年賀の相場はどれくらい?

次にお年賀の相場はいくらぐらいにすればいいのでしょうか。
口コミ情報やSNSを調べると2000円前後が多いようです。

還暦祝いなど別の行事を兼ねる場合は5、6千円と多少高めになるようです。

デパ地下をのぞいてみると税込みで2千円弱のお値段が多かったです。

続いて、3千円強、5千円弱、など品の量や種類に応じて高額になっていく感じです。

消費税増税の影響か、去年より高く感じる印象ですね。

渡す相手によって値段の差をつけてトータルで予算内に収まるよう調整すると良いかもしれません。

お年賀おすすめの品は?

どんな物を贈ると喜んでもらえるのかも悩みますよね。
一番確実なのは夫経由で義実家へそれとなしに調査を入れることです。

ストレートに聞いてしまうと、「あなたの嫁、しっかりしてよね」と義母に言われかねないので、義父の健康状態から始め、食事制限はしていないか、歯の治療があるか、などうちはあなたたちのこと心配しているよ、という切り口で確認するようにしています。

今回は、義父の歯の調子が悪いことがわかったので、柔らかいものOnlyとなりました。

さらに義父はお酒が飲めない甘党なので、ゼリーとかバームクーヘンとかを選びました。

家長を中心に種類を選ぶ、ということが基本になるのかもしれません。

次に大事なのがブランドです。

これは義母が特に気にします。

どこで買ったのか、どこのブランドなのか。

そしてこれが必ず食事の際の話題になっていきます。

正直に言ってしまうと、お年賀の中身ってどれも大差ないですよね。

やはりもらってうれしく感じるのはブランドなんです。

千疋屋のゼリーと無名メーカのゼリーがあったとして、無名メーカのゼリーの方が内容が良くても、千疋屋というラベルがあるだけでそれ以上の価値を感じてしまいますよね。

これは商品に付加価値を与えてきた企業のブランド戦略で、消費者は価値あるものと刷り込まれているので仕方ないんです。

どこで買ったかというのも同じです。

近所の激安スーパーの袋で渡されたら、訳ありの半額品ではないのかしら、と思ってしまうのです。

ですので、買う場所はデパートで、デパートの紙袋を2枚もらいます。

そしてお年賀が手渡しであっても、紙袋はしっかりもらいます。

ブランドの紙袋ももらえるとうれしいのです。

ブランドの紙袋って捨てられずに束になって重なっていませんか。

そういうことなんです。皆さん無意識に価値を感じているのです。

あとは、今話題になっているブランドの洋菓子もおすすめです。(和菓子は老舗が無難です)

渡す相手に多感な娘がいる場合は喜ばれる可能性大ですし、話のネタになるかもしれません。

渡す相手がだれでどのような状態なのかということを基準に選択していくことがよいでしょう。

さいごに

口コミやSNSなどではお年賀は不要との意見も多いですが、その家の風習として根付いているなら、きちんとしなければならないと思いました。

やはり今後もその親族とは長いつきあいになるので、その風習を尊重して、ちょっと痛い出費とはなりますが、受け取った相手がよろこんでもらえると、こちらもうれしく思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です