小倉優子離婚?歯科医の旦那の年齢、年収は?原因は元旦那かも!




小倉優子さんが現在離婚危機であることが各報道から明るみになりました。

小倉優子さんの妊娠発表から、わずか1か月もたたずにそうなるなんてビックリですね!

しかも現在妊娠中にもかかわらず、旦那さんから離婚を言い出して、出ていったようですから相当なものがあったのでしょう。

そんな騒動ですが、気になるのは離婚危機の原因現在の旦那さんは誰だっけ?ということではないでしょうか。

今回は現在の旦那さんの経歴、年収と離婚危機の原因について探ってみたいと思います。

小倉優子さんと歯科医の旦那さんとの出会いは?

今の旦那さんとはママ友の紹介で知り合ったようです。

それから意気投合して交際し、その後わずか半年という間で結婚に至りました。

2018年12月25日のクリスマスに結婚したというからロマンティストですね。

小倉優子さんの前の夫との連れ子2人と今の旦那さんとの仲も良く幸せだったようです。

ちなみに今の旦那さんは初婚であったとのことです。この一年後にまさかの展開になろうとはだれも思いませんでした。

小倉優子さんと歯科医の旦那さんと離婚危機に至る経緯は?

2020年2月の終わりごろ、現在の旦那さんとの間に子どもを授かったという報道がありました。

そしてわずか1か月もたたないうちに離婚危機の話題が発生しました。

これから大黒柱のパパになるはずだった旦那さん。

小倉優子さんと旦那さんとの間でいったい何があったのでしょうか。



小倉優子さんの旦那のプロフィール、経歴や年収は?

「週刊女性」(主婦と生活社)の情報によると以下となります。
・学歴:日本大学歯学部卒
・職業:歯科医師、都内で歯科医院を開業
・年齢:46歳(2020年3月時点)
・結婚歴:初婚
・趣味:カーレース
・その他:実家は資産家
・都内で歯科医院を開業

歯科医の旦那さんは都内で歯科医院を開業しているようですね。

その歯科医院ですが、東京都板橋区にある「シマデンタルクリニック」ではとうわさされています。

ホームページの情報ですと現在そこの医院長となっているようです。

そうしますと、年収は全国のデータから450~1,000万円程度が想定されます。

平均すると700万円ほどの年収になるそうです。

ただしこれは勤務医開業医混在された平均値です。

開業医だけにすると、1,000~2,000万円が多い分布となります。

場所も都内ということですから、そうすると年収は1,000~1,200万円程度かと思われます。

ただし、開業資金の返済がありますから、もう少し少ないものと思われます。


小倉優子さんと歯科医の旦那さんと離婚危機になった原因は?

報道内容によると、先輩歯科医を引き継ぐ話があり、これから事業を拡張するというときにやはり家庭に入って支えてもらいたいと考えていた旦那さんは、小倉優子さんへ「芸能界を辞めてほしい」と伝えたそうです。
参考元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200311-00000502-sanspo-ent

しかし、小倉優子さんはママタレントとしての芸能活動、料理本を出すなどで収入がありましたので、仕事の継続を強く希望したようです。

そこから小倉優子さんと旦那さんの意見が分かれ、疎遠状態にまで発展したといわれています。


小倉優子さんが仕事を継続したかった理由とはなにか?

小倉優子さんの子供が私立名門小学校に入学していますが、学費だけで年間100万円ほどかかります。

2人目、さらには3人目の子供へも同じようなコースを進めるとなるとかなりの費用が掛かります。

一方で歯科医の旦那さんは先輩の事業を引き継ぐなどしており、収入面が不安定であったのではないかと思われます。

きっと今の生活レベルを維持するためにも小倉優子さん自身の仕事を捨てるに捨てきれなかったというのが実情かもしれません。



小倉優子さんの不安要因は元旦那さん?

小倉優子さんの不安はそれだけではなかったと思います。

前の旦那さんが不貞行為に及んだのはちょうど今のように妊娠が発覚して間もない時でした。

当時に受けた騒動の影響生活が不安定になる恐怖相当のものであったと思います。

そうなったときに信じられるのは自分自身だけ。

さらに今回は子供がおなかの子含めて3人もいるわけです。母として責任を感じるのはあたりまえでしょう。

当然今の旦那さんは十分に信じているはずですが、当時の記憶がよみがえると、またそうなるのではと思っていたかもしれません。

その恐怖は経験者でないとわからないんですよね。

旦那さんはいたって真面目な方だと思います。

特に手取り足取り育てられてきたようですから、純粋なまっすくな心をもっています。

しかし妻の優子さんはなんだか自分に対して疑心暗鬼だし、専業主婦になってくれと言っても断られた。

連れ子を引き受けるだけの覚悟がある、できた男であるがゆえに、それが非常に悲しく残念に思えたのでしょう。

そして決定打となったのが、優子さんの一言でした。

その一言とは >


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です