小倉優子の旦那が離婚危機を完全否定!情報操作?歯科医院経営に影響!




現在離婚危機であることが報道された小倉優子さん。

それから小倉優子さんの旦那さんはその報道内容に対して事実と反する報道がなされていると反論しました。

報道内容はどこからの情報で、真実なのかいまいちはっきりしませんよね。

今回は歯科医師である旦那さんの反論内容報道はどのような目的で行われたか検証してみたいと思います。



小倉さんの旦那さんが反論した内容とは?

3月12日「グッド!モーニング」にて、小倉さんの旦那さんが反論した内容は以下となります。

「事実と反する報道がなされていることについて、本当に残念に思います。」

「私の役割として、芸能界で活躍する妻を支えることが大切な役割と思っていますし、やりがいも感じていたので、私から引退を迫ることなどは一度もなかったです。

「昨年のクリスマス直前に突然家を出たという報道に対しては、事実ではありません。

「「お腹の中の子に会いたくない」などと報じられたことについても、お腹の子含め子供たちを本当に大切にしていましたし、子供たちも私のことを大切に思ってくれているので、私が最も望まない形になっています。」

これまで報じられた内容を真っ向から否定しました。

今回の離婚危機の報道内容は一見旦那さんに非があるような印象を受ける内容でしたが、真実は真逆だったようです。


小倉優子さんのインスタからのメッセージ

3月12日、小倉優子さんのインスタグラムから、離婚危機報道に対して言及がありました。

この度は私たち夫婦のことでお騒がせしまして大変申し訳ございません。 報道された内容には事実と異なることもありますが、夫を支える妻として私の至らない点がありました。

今は家族で穏やかに過ごせる日を心から願い、二人の子供達と新しい命を大切に守って参りたいと考えております。

主人はご来院くださる患者様のために、日夜診察にあたっております。

誠に勝手なお願いですが、主人の職場、家族への取材はお控えくださいますようお願い申し上げます。

コメントの中で小倉さんは「報道された内容には事実と異なることもありますが」と一部内容を否定しつつ、「夫を支える妻として私の至らない点がありました」とコメントしました。

これまでの夫婦のコメントをまとめますと、

  1. 旦那さんは優子さんへ芸能界引退を迫ったことはない
  2. 旦那さんは一方的にクリスマスに家を出ていない
  3. 旦那さんは「お腹の子に会いたくない」などと思っていない
  4. 旦那さんは連れ子供たちのことも大切に思っている

となります。

それでは一体夫婦の間でどんな問題であったのでしょうか?


夫婦の間であった問題とはなに?

違和感を感じたことは、初回の報道にあった旦那さんの要求事項です。
https://takahiro14.kagoyacloud.com/?p=1645

  1. 離婚の要求
  2. 2人の息子との養子縁組解消の要求
  3. 妊娠している赤ちゃんの放棄?

これを弁護士を通じて優子さんへ提示されたわけですが、弁護士のリーガルチェックがはいったとは思えない内容なんですね。

特に「赤ちゃんに会いたくない」という内容を弁護士が良しとしたことに対して違和感を感じました。

民法では扶養義務を抹消することはできませんし、自分の子でなかった場合でも、立証し裁判所へ申し立てなければなりません。

そして旦那さんからの真っ向からの否定。

そうなると報道内容自体が真実ではないとということが言えるのではないでしょうか。



なぜ旦那さんのことを悪く報道する必要があったのか?

報道内容は旦那さんが悪いような印象の内容でした。

ではなぜ旦那さんを悪者に仕立て上げたのかということですが、

その理由は小倉優子さんが「ママタレ」として活躍していたことと関係しているかもしれません。

旦那さんが出ていったとされるクリスマス。

一方的ではなかったと反論はしていても出て行ったことに関しては否定していません。

なので、夫婦間でなにかしらの口論をはじめトラブルがあったのでしょう。

それがエスカレートし、旦那が出て行ってしまい、さらに週刊誌にその一部を撮られてしまった。

それに焦ったのは小倉優子さんの事務所です。

「ママタレ」人気の上昇に夫婦間トラブルの報道は確実に水を差してしまい、今後のタレント活動へ影響がでてしまうことととなります。

ですので、優子さんの事務所が週刊誌側に掛け合い、情報提供をする見返りに、いくつか文章差し替えの交渉をおこなったと考えるのが妥当ではないでしょうか。



旦那さん経営の歯科医院への影響発生!

旦那さんは歯科医院を都内に開いて経営に携わっています。

しかし、この報道がされてから旦那さんに対する世間の目が変わり、常にバッシングにあったようです。

そしてその矛先は旦那さんが経営する歯科医院にも…

「主人の職場、家族への取材はお控えくださいますようお願い申し上げます。」
と優子さんからのコメントがあったぐらいですから、

歯科医院への影響は相当のものだったようですね。



さいごに

いかがでしょうか。

旦那さんへの配慮をしようという姿勢がうかがえる優子さん。

もとの家庭に戻るか、それとも離婚してしまうのか、

今後の動きに注目したいと思います。




2021年の年賀状なら・使いやすい編集画面でとっても【かんたん】
・注文から出荷までスピード対応で【速い】
・入力ミスも対応!再印刷保障つきだから【安心】

の3つが揃った「ふみいろ年賀状」で

今すぐ「ふみいろ年賀状」のサイトをみる



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です