コストコの高品質食料品をまとめ買いして賢く節約




大量購入ができるコストコ。

もともと業務仕入れ向けのお店ですから安くまとめ買いができることを前提としています。

そんなコストコを上手に利用して、高品質食材をチョイスしながらも節約をしてみましょう。

コストコの特徴

コストコはアメリカのスーパーですから、1つ1つの商品が大きくアメリカンサイズ!
しかも高品質でおいしく、そして多少の為替変動の影響を受けますが、卸売価格ですので値段も安いのが特徴です。

なお、会員になる必要があり、現在のところ年間4,400円の会費がかかります。
https://www.costco.co.jp/membership

年会費ちょっと高いな、と思う方は、非会員でも「プリペイドカード」で入れますし、会員と同伴であれば大人2名まで招待可能ですので、会員の方と一緒に行くというのも手かもしれません。

会員同伴の入店の場合の注意点

なお、会員同伴の場合は注意が必要です。
レジに並んでお会計をするときに会員カードの提示が必要になります。

また、会員カードには顔写真がはいっており、会員本人でないと利用できないので、会員の方に付き添ってもらう必要があります。

会計時に会員がいなく清算ができないといったことが無いようにかならず同伴してもらうようにしましょう。

お得その1:フードコートの商品がボリューム満点かつ激安

フードコートで売っているものはすべて激安でコスパ良し!

買い物帰りに必ず寄りましょう。

代表メニューは以下のようになります。

商品名 値段(税込)
ソフトドリンク(飲み放題) 60円
コーヒー(ホット/アイス) 100円
カフェラテ(ホット/アイス) 150円
ホットドッグ(ドリンク飲み放題) 180円
北海道ソフトクリーム 200円
スライスピザ 300円
ホールピザ 1,580円

特にお得度が高いのはホットドッグです。なんとお値段180円でホットドッグ以外にソフトドリンクが飲み放題です。

次にピザですね。300円でサイズが大きく具だくさんのピザが2~3種類のなかからいただけます。

500円以下でおなか一杯になりますので、買い物以外にも昼食の時にフードコートだけ利用するというのも手です。

なお、ランチタイムは混雑しますので、時間帯をずらすか、テイクアウトしたほうがよいかもしれません。

また、持ち帰り用のトレーや袋などはありませんので、ビニール袋は持参するか、段ボールが無料で入手できますので、それを利用してもよいでしょう。

お得その2:パン類はおいしくてリーズナブル

パン類は本当に充実しています。

一番よく購入しているのは「ディナーロール」です。

36個入りで500円以下、圧倒的コスパです。

原材料は小麦粉、ショートニング、砂糖、脱脂粉乳、卵、食塩というシンプルなもので安心ですね。

ほんのりと甘みとふわふわの触感がお気に入りです。

数が多いので小分けにして冷凍保存するとよいです。

食べるときは30秒のレンチンでOKです。小腹すいたときに重宝しています。

次に「バラエティベーグル」でしょうか。

よく2パック1000円で特売しているのでその時に購入しています。

ずっしり重いので一つでおなか一杯になります。

色々なフレーバーがありバリエーションは豊富なのも選ぶ際の楽しみです。

お得その3:高品質な肉が手に入る

高品質なお肉がブロック単位で並んでいます。

牛肉に関してはあまりリーズナブルとは言えませんが、米国農務省の最上級クラスのものですので、品質は間違いありません。

また国内のスーパーにはないサイズを扱っているので、バーベキュー用でそろえるときは重宝します。

安さだけでいえば、「さくらどり むね肉」ですね。コスパ良いですし、ぱさぱさ感はあまりしません。

安さとおいしさを両方兼ねそろえているのは「ロティサリーチキン」でしょうか。

一羽まるごと焼いていて、重さは1.5kg以上ありながら、お値段なんと700円程度です。

味よく触感もやわらかく全部の部位が食べられとても良いです。

お得その4:サイズ、味ともに満足なケーキ

ケーキはサイズが大きく、味は甘すぎず、素材の味がそのまま生きていてとてもおいしいです。

よく買うのは「トリプルチーズタルト」です。
お値段は1300円後半ぐらいで、フルサイズですので、我が家は1週間ほどかけて食べるようにしています。

特に気に入っているのは味ですね。チーズがふんだんに使われています。

タルトの生地もまた香ばしくておいしいです。

他にも「ティラミス」や「キャラメルフラン」もおすすめです。

さいごに

いかがでしょうか。
今回ご紹介した内容はほんの一部にしかすぎません。

足を運んで実際に目で見て、試食してもらうとその値段と品質の良さがわかるとおもいます。

節約をするとどうしても品質を犠牲にしがちですが、コストコを利用すると、高品質でありながらコストを下げることができるので、節約の選択肢にいれてみてもよいかもしれませんね。

ただし、買いすぎに注意です…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です