児童手当の申請はいつまで?いくらもらえる?損をしない手続き方法について解説!







児童手当の申請はいつまでに行うの?どこに、どんな書類を提出すればよい?具体的な手続きについて、詳しく解説します。

児童手当とは

児童手当は、子どもを養育している親などに、手当が支給される制度です。支給期間は、0歳から子どもが中学校を卒業するまで(15歳の誕生日後の最初の3月31日まで)です。

児童手当とは、子ども・子育て支援として、0歳から中学校卒業まで(15歳の誕生日後の最初の3月31日まで)の児童を養育している方に支給される制度です。

生活の安定への寄与と、次代の社会を担う児童の健やかな成長に国として出資をすることを目的としています。

参考:内閣府



もらえる金額は?

 児童手当の支給額(月額)は、下の表のようになっています。

3歳未満 3歳~小学校修了前 中学生
第1子 15,000円 10,000円 10,000円
第2子 15,000円 10,000円 10,000円
第3子以降 15,000円 15,000円 10,000円

注目する点は3人目の支給額が3歳~小学校修了前の期間において、5,000円アップすることですね。

逆に、児童を養育している方の所得が所得制限限度額以上の場合は、特例給付として月額一律5,000円に減額されます。
年収の高い方は残念ながらあまり優遇されない仕組みというわけですね。

それで、合計金額ですが、結構高額となります。

たとえば子供一人が中学を卒業するまでを計算すると、なんと約200万円、第三子の場合は3歳~小学校修了までの109か月は月5,000円アップですので、さらに56万加算され、約256万円となります。

ただし、生まれた月で残念ながら差がでてしまうのも事実です。

なんと、4月生まれと3月生まれで11万円もの差が。

あとは、旦那さんが頑張って稼ぐようになって、所得制限を超えてしまうと減額となります。

まあ、しかたがないことですね。



いつまでに申請すればいいの?

子どもが産まれたら翌日すぐに役所で児童手当の申請をしましょう。

はい、翌日すぐにです。

これが遅れてしまうと、1か月分(15,000円)支給が遅れ、損をするので要注意です。

期間は子どもが生まれた翌日から15日以内となっていますが、出産直後はなかなか動けないもので、

あれやこれやとやっているうちにすぐに時間は過ぎてしまうので即、夫に申請をするようお願いをしましょう。

出生届けとセットで手続きする気持ちでいれば忘れないのでよいかとおもいます。

また、里帰り出産をしている場合もご注意ください。里帰り先の役所で出生届を申請してしまうと、居住先の役所が受理するまで児童手当の手続きができないので、必ず、居住先の役所へまとめて手続きをしましょう。

支給時期はいつから?

支給は、原則として申請の手続きを行った月の翌月分から開始されます。

1月に子どもが産まれたのなら、2月分から児童手当が支給されるというわけですね。

ただ、1月31日に産まれた子はどうでしょう。月をまたいでしまいますので、2月申請となり、3月支給となりますね。

そんな場合は「15日特例」という特例があり、月をまたいでも15日以内に申請を行えば、産まれた月の翌月分から児童手当がもらえます。

申請に必要な書類は?

役所の窓口で「児童手当認定請求書」に必要事項を記入して提出します。

加えて以下が必要になります。

  • 申請者の印鑑
  • 申請者名義の銀行口座の通帳やキャッシュカード
  • 申請者の健康保険証のコピー
  • 申請者の本人確認書類(運転免許証、個人番号カードなど)
  • 申請者とその配偶者の個人番号カードまたは通知カード

※申請様式など役所で異なりますので、詳細は居住地域の役所へ確認をしてください。



忘れてはいけない現況届の未提出

児童手当を継続して受けるために現状届を提出する必要があります。

引き続き児童手当を受け取る資格を満たしているかどうかを役所が確認するためのもので、これを忘れるとなんと受給ができなくなります。

6月ぐらいに自宅に送られてきますので、忘れないように提出しましょう

さいごに

児童手当は子どもが産まれて忙しい時期におこなう手続きです。

パパママ共同作業のはじまりであるので、しっかりパパに手伝ってもらい、速やかに対応できたらよいですね。





そろそろ旅行もいいかもしれませんね


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です