コロナ陽性判明後帰京した山梨20代女性は誰?BBQ等行動に猛批判!




山梨県は3日、新型コロナウイルスのPCR検査結果が出る前に、帰省先の山梨県内から東京都内の自宅に帰ったと2日発表した感染者の20代の会社員女性について、実際は感染を知った後に帰路についていたと発表した。
参考:https://www.asahi.com/articles/ASN5354G3N53UZOB008.html


山梨県に帰省した20代のコロナ感染女性が、今月1日に県内でPCR検査を受け、2日に陽性が判明したのにもかかわらず、都内の自宅へ帰宅していたことが判明し、批判が殺到していますね。

今回は、山梨帰省コロナ20代女性は誰で、どのような行動であったか。またSNSなどコメントについてまとめます!


山梨帰省コロナ20代女性の行動履歴は?

この女性の行動は以下の通りです。
4月26日:味覚、嗅覚の異常
4月28日:都内の会社出勤。
4月29日:新宿から高速バスに乗り、富士急ハイランドへ、その後山梨の実家へ帰省
4月30日:県内の友人宅で4人とバーベキュー、帰省中に買い物も。
4月30日:勤め先でコロナ陽性者が判明。

4月26日に味覚の異常を感じていた時点で病院へ行っていれば感染拡大が防げただけに残念ですね。

そして自身の体に異変を感じ、帰省先の病院へPCR検査を受けます。

5月1日:PCR検査・自宅待機を要請されるが高速バスで帰宅。
5月2日:コロナ陽性反応

結果は陽性でした。
この女性は異変を感じてPCR検査を受け、自宅待機要請を受けているにもかかわらず都内の自宅へ帰宅しているのですね。

さらに陽性判明後も身勝手な行動が続いたそうです。

まとめると、
・味覚異常がある段階で検査を受けなかった
・山梨の実家に帰省した
・テーマパークへ行った
・友人4人とバーベキューをした
・山梨でPCR検査を受け、待機要請がでていても都内自宅へ帰宅した

となりますが、炎上されて当然と言わんばかりの行動っぷりですね。
困ったものです。

さらに、コロナ陽性判明後に保健所に話していなかったようです。
高速バスに乗り合わせた方に感染していないかとても心配です。

追記:
5月3日の山梨日日新聞速報によると、バーベキューを一緒にしていた20代男性がコロナ感染をしていたようです。

・20代男性

・県内在住

・55例目20代女性会社員(東京都在住・富士北麓地域の実家に帰省)の友人

・その他、詳細は調査中


山梨帰省コロナ20代女性は誰で名前は特定されてる?

山梨帰省のコロナ20代女性は誰で名前は特定されているのか調べてみました。

現時点で分かっていることは、
・20代(会社に勤めている)
・女性
・都内勤務
・自宅は都内
・実家は山梨(富士北麓地域)
です。

情報は少ないですが、地元の方はすでに実家の場所からある程度はわかっているようです。

本当に、これ以上感染を拡大させないよう、行政側でしっかり見張っていてほしいものです。


山梨帰省コロナ20代女性についてSNSの反応

当然かと思いますが、手厳しい意見が散見されますね。

https://twitter.com/Nagisa1915/status/1256547610610958337


さいごに

今回は、山梨帰省コロナ20代女性は誰で、どのような行動であったか。またSNSなどコメントについてまとめました。

友人や会社同僚に対して感染をさせてしまったことを考えると、この女性のとった行動の責任は非常に重いものではないでしょうか。

反面、個人の意思だけにより行動を自制させることの難しさを感じました。

緊急事態ということを考えると、国や行政がより管理を徹底し、強制力のある対応が必要であるかもしれません。




2021年の年賀状なら・使いやすい編集画面でとっても【かんたん】
・注文から出荷までスピード対応で【速い】
・入力ミスも対応!再印刷保障つきだから【安心】

の3つが揃った「ふみいろ年賀状」で

今すぐ「ふみいろ年賀状」のサイトをみる



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です