Appleヘッドホン「AirPods Studio」はいつ販売?仕様や値段が判明!リーク報道




Appleが正式発表予定と予測されているオーバーイヤーヘッドホン「AirPods Studio」について、9To5Macが詳細な仕様を公開しました!

そこで気になることは、

「AirPods Studio」の発売はいつ?
「AirPods Studio」はどんな仕様?

ということではないでしょうか。

そこで今回はAppleヘッドホン「AirPods Studio」の販売はいつで、リーク報道にて公開された仕様価格詳細情報についてまとめます!



Appleヘッドホン「AirPods Studio」の販売はいつ?

米メディア「9to5Mac」は複数の情報筋からAppleヘッドホン「AirPods Studio」の情報を入手したようですね。

その情報によるとAppleヘッドホン「AirPods Studio」の販売は2020年後半といわれているそうです。

さらに仕様や設定など情報を入手したとのことで詳細を見てみましょう。

Appleヘッドホン「AirPods Studio」はどんな仕様?

リーク情報から以下となります。

頭や首などどの部位に装着されているか検知するセンサーを搭載

頭に装着した場合と、首にかけた場合とで音源の切り替えが行われ最適なポジションでの音の再生がされるようですね。

特に首にかけた場合でも頭にかけた場合と同様、しっかり音楽が聞こえる工夫がされているようです。

また、音声通話も同様に最適化されるようです。

夏の暑い時期に耳を密閉しないで音楽や通話ができるのはうれしいですね。

頭や首を検知して再生/一時停止を自動切り替え

頭の動きで操作可能のようですね。

頭を縦に頷く動作をすると再生、一時停止、横に振ると次の曲にスキップするようです。

左右の耳を検知するセンサーを搭載

リーク情報によると左右対称のデザインになるようですね。

ですので、ヘッドホンの左右という概念はないそうです。

こちらもセンサーで耳の位置を検知して、最適なオーディオチャンネルに切り替わるとのことです。

「AirPods Studio」を外すと音楽の再生が停止される

「AirPods」でもおなじみの機能ですね。

外す行為は音楽を聴く以外のことをしようとしていると判断し、再生が停止されるようですね。

Appleらしい心配りです。

アクティブノイズキャンセリングと外部音取り込みモードが搭載

こちらもおなじみの機能ですね。

外部雑音をシャットダウンする機能です。

ヘッドフォンをしながら会話をできるようにするため、外部音も取り込めるようです。

どれも真新しい機能で、どんな風に実装されるか楽しみです!



Appleヘッドホン「AirPods Studio」の価格はいくら?

Apple関連のリーク情報を発信しているジョン・プロッサー氏からの情報によると、
価格は349ドル(約37,200円)になるそうです。

正直予想しかないのですが、ヘッドホンでも高額の部類になりそうですね。



さいごに

いかがでしょうか。

今回はAppleヘッドホン「AirPods Studio」の販売はいつで、9To5Mac報道にて公開された詳細情報についてまとめました。

まだリーク情報のみですが、Appleが手掛ける初のヘッドホンということで、これ以上にもいろいろ機能が付いてきそうで本当に楽しみです!

また詳細情報な情報が確認しましたら、随時更新していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です