はいだしょうこ画伯「ももたろう」読み聞かせと絵のギャップがすごい!反応まとめ!




元NHKおかあさんといっしょの“うたのおねえさん“で歌手で女優やタレントとしても活躍しているはいだしょうこさんが、自身で描いた絵で読み聞かせる紙芝居「ももたろう」を公開しましたね。

公開後、絵と読み聞かせの技量のギャップに驚きの声や賞賛の声など様々な反応があり話題になっています。

そんな中気になるのは、

絵と読み聞かせのギャップあるけど、視聴者の反応は?

ではないでしょうか。

今回は、はいだしょうこ画伯が描いた「ももたろう」について、視聴者の反応とともにまとめます!


はいだしょうこさんのプロフィールは?

名前:はいだしょうこ
愛称:ショーコ
出身地:東京都
生年月日:1979年3月25日
年齢:41歳(2020年6月現在)
身長:158㎝
星座:牡羊座
血液型:A型
趣味:ドライブ(助手席専門)、温泉巡り、ミュージカル観劇
特技:ジャズダンス、バレエ
学歴:宝塚音楽学校
所属事務所:ホリプロ
職業:歌手、女優、タレント、声優

はいだしょうこさんといえば宝塚歌劇団出身のうたのおねえさんですね。

現在は歌手や女優、タレントなどマルチに活動をされているようです。

身長は158cmで小柄なほうですが、宝塚出身なだけに演技と歌唱力は抜群です。

アナと雪の女王」の主題歌を歌うはいだしょうこさんは完全に「エルサ」ですね。

はいだしょうこさんは画伯とよばれるほど独特の絵を描かれます。

画伯の名を知らしめるきっかけとなった「スプー」の絵です。

元の画像

はいだしょうこ画伯の絵
2006年版

2017年版

「スプー」が進化してほぼ原形をとどめていませんね・・・

ネットは「放送事故レベル」と震撼し、絵をみて泣いてしまう子供もいたようです。

しかしこれもある意味才能なのではと、画才が知れ渡ることになります。

そんな、はいだしょうこ画伯が描いた最新の絵、「ももたろう」が公開されたというので、話題になったわけですね。



はいだしょうこ画伯が描いた「ももたろう」とは

公開された「ももたろう」はこちらとなります。

子供と一緒にみてみましたが、語りはさすがです。引き込まれていくようです。

絵についてはちょっとちっちゃいですね。子供も途中で飽きてしまったようです…



視聴者からの反応は?

やはり様々な意見がありましたね(笑)

カメラワークが素晴らしいという方もいました。

余白の使い方が空間を演出され素晴らしいとの意見も。

「紙芝居って…..と思ってたら神芝居やったww」

「登場人物全員まりもっこりw」

「毎回アップにしないと絵が見えない紙芝居www」

「画力を超えるカメラワークの人に拍手! なお、この絵をシュールともとらえれば、バンクシー並みの値段がつくかもしれません。」

「しょうこおねえさんの素晴らしい読み聞かせに感激しました👏☺️画伯ぶりが大爆発していて、桃太郎のエロ目とキジに吹きました!笑」

「余白を活かした素晴らしい作画」

「何故中心なの? もっと大きく使わないの? 読み聞かせとのギャップは震えます。」

「昔のお母さんといっしょで描いてた  スプーよりちょっと進化していますね😊」

「余白という言葉の意味を改めて考えさせられる素晴らしい動画です!大好きです。大好きです。」

「しょうこお姉さん。語りが最高です。絵も、味があっていいです。これからも、紙芝居続けてください。」

「しょうこお姉さんの絵は独特だけど、統一された感じがあって、私は好きです🥰」

「美人で歌も絵も上手い!神様は不公平だ!」



さいごに

いかがでしょうか。

今回は、はいだしょうこ画伯が描いた「ももたろう」について、視聴者の反応とともにまとめました。

はいだしょうこさんの絵は独特のセンスで、味があり素敵でしたね。

次はどのような絵を公開してくれるか楽しみにしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です