ハケンの品格2の2話ネタバレあらすじと内容は?




今回はハケンの品格2、2話のネタバレあらすじを紹介します!



ハケンの品格2、2話のあらすじは?

ハケンの品格2の2話あらすじをは以下となります。

S&F社が老舗の人気蕎麦店「京橋庵」とコラボ商品を開発することになった。斬新な企画を考えようと張り切る新人ハケンの小夏(山本舞香)。

そんな中、大前春子(篠原涼子)が「京橋庵」の実情にやたらと詳しいことに疑問を持つ里中(小泉孝太郎)。
「もしかして以前『京橋庵』で働いていたとか?」と尋ねる浅野(勝地涼)に「はい、ハケンとして働いてましたが、何か?」と春子。
きっとそこでも伝説を残しているはずだと、浅野は、断る春子を無理に「京橋庵」での会議につれていく。しかしそれが裏目に出てしまい・・・。

一方、宮部新社長(伊東四朗)の「社員偏重主義」に逆に闘志を燃やした小夏は、周囲が止めるのも聞かず浅野の提出企画の中に、数合わせで自分の企画をまぎれこませてもらうことに成功。

小夏の企画は捨てられてしまい「ハケンに責任なんか取れないから」と叱責される。
ところがプレゼン本番の最中に捨てられた小夏の企画が先方に気に入られていたことが後になってわかり…。この営業企画部の危機に、再び春子が立ち上がる―。
ハケンの品格2公式サイト



ハケンの品格2の2話ネタバレまとめ

全国チェーン展開をするそば屋「京橋庵」のコラボ企画の要求を受けたS&F

提案書を明後日までに作成するよう指示を出す部長の宇野一平(塚地武雅)。

あこがれだった企画業務に携わることを喜ぶ派遣、千葉小夏(山本舞香)。

けれど企画業務は社員の仕事であることを諭される。

里中賢介(小泉孝太郎)から昼食を誘われ、社員食堂へ行く派遣の福岡と千葉。

食事をしている中で、S&Fの社長が登場し、里中の席付近に座る。

「社員ファーストの会社を目指す!スーパー派遣は論外!!」という社長。

居心地の悪さを感じる派遣の二人。

「派遣は稼いだらその船を降りる。いるのは君たち社員。よそ者に任せる社員はどこにいる。」社長

その言葉をメモする部長。

午後。

「伝票整理は派遣にまかせろ。お前は企画書をつくれ!」 部長。

伝票を渡す新人。

「派遣はなにかやりがいはあるのでしょうか。」

疑問を感じる派遣の千葉。

落ち込む千葉へ蕎麦屋へいこうと誘う派遣の福岡。

京橋庵へ向かうと部長、里中、新人と会い、一緒に食事をすることに。

そばの食べ方を披露する部長。

ワサビがないことに気づく部長。

店員に文句をいって追加注文をした。

翌日、ワサビが出ないことと、京橋庵のそばはたいしたことないという部長。

それに対して大前は、

「ワサビはチューブではなく生わさびをつかっています。
けれど不要な人が多く、オーダー制となっています。
ぎりぎりまでコストカットをしているのです。
あとは京橋庵の幹部が店に視察にはいることもあるので、注意してください。」

なぜそんなに詳しいか質問する部長に対して、
派遣として働いていたことを発覚。

それを知った浅野は

「大前さんを連れていくべきです。
デパートの売り場面積が10倍になったこともあるのです。」

と部長にいうと、部長は
「ではついてきてくれ」
と指示を出す。

しかし大前は断る。

「つゆの味を変えられるそば」企画のアイデアが浮かんだ派遣の千葉。

大前を京橋庵につれていった帰り、

京橋庵の専務がご機嫌斜めだったことに焦る部長。

部長「大前をつれていったのは失敗だった。もう二度とかかわるなよ」

大前「わかりました」

引き下がるも見たこともない笑顔をみせる大前。

そんな中、京橋庵からの専務から連絡あり、コラボ専務の企画楽しみしているということで、ほっとする社員一同。

朝、主任の浅野に対して、企画書の手伝いができないか提案する派遣の千葉。

千葉「つゆの味をカスタマイズできるそばを提案できないでしょうか」

浅野「味が変われば飽きずに毎日食べられる。これはいいかも。」

浅野からOKをもらうと喜ぶ千葉。

「あさの主任のためにいい企画書つくらなくちゃ」

企画書作成に集中する浅野と千葉。

気が付けば夜10時ぐらいに。

千葉「商品開発がしたくてS&F受けたけど、落ちたんですよ」

過去を振り返る千葉。

浅野「新人のあいつはコネ入社だしね。人事も間違えたかな」

浅野「提案書すごいよくできているじゃん」

千葉「やったー」

プレゼン資料を京橋庵へ提出すると、プレゼン候補に千葉の企画書があった。

その中に誤字を見つける専務。

「S&T」

「これは間違えだよね」

焦る部長。

会社に戻ると、すぐ自分の間違えであると気づいた千葉は

部長に謝りに行く。

それに対して部長は、

部長「君は派遣だよね。我が社を代表して発言できるのは社員だけ!
こまるんだよな。派遣は何も責任をとれないのに!派遣の分際で!」

すると大前は
「言い過ぎでは。
責任がとれないからといって、仕事のできない人間に分際呼ばわりされる筋合いはない!」

と一蹴。

あやまる千葉。

泣いている千葉に対して大前は一言。

「くだらないことでやめるのはおやめなさい。ここであなたが流す涙もなぐさめあうのも無駄。」

「やりがいなど目に見えないものは契約に含まれていないことを喜ぶべき」

「べそかいてお時給どろぼうしていなさい」

社員からシュレダーかけておいてとお願いされた千葉。

企画書の束に千葉の提案した企画書があったが、シュレッダーを書ける千葉。

プレゼン本番。

会長があとからくるので始めてください

ワサビの文句を言った相手が幹部だとわかると焦る部長。

幹部「つゆを選べる企画、あれはどうした」

千葉さんの企画書がほしいと連絡する新人。

社内は大混乱。

そんな中、前回の企画書から手直しした大前。

千葉へ企画書を京橋庵へ届けるように指示する里中。

しかし、千葉は渋滞にはまって身動きが取れなくなってしまう。

プレゼン資料が間に合わないことにあせる部長。

その時に大前は動いた。

渋滞にはまっている千葉が下りようとすると、タクシーの窓をドンする大前。

自転車でプレゼン会場までむかった。

会場の前で京橋庵の会長とあいさつする大前。

それを見ていた部長は大前にプレゼンを託す。

大前「大事な仕事を派遣にまかせていいのですか。派遣は責任がとれませんが」

大前「いいんですね」

浅野「いい!!」

プレゼンをする大前。

しかし、語尾が中途半端ではぎれがわるい。

浅野「もしかして」

異変に気付いた浅野はとっさに大前をフォロー。

大前「弊 へいー」

浅野「弊社!!」

社員浅野と派遣大前で二人で説明する。

プレゼン終了後、大前は

「語尾も含め正社員の方に責任をもってもらおうとしたまで」

というと、

「おなかいたくなったよ」

とほっとする部長。

京橋庵の幹部がすれ違いざま大前に対し、

「またダメ社員を教育したな。自分もその一人だ。尊敬するよ」

というと、

大前「御社は素晴らしい会社です。私がいたころよりずっと」

後日、

プランは前向きに考えたいとの連絡があったことに喜ぶ社員一同。

飲みにいこうと誘う部長だが、

誘いを即座に断り提示に上がる大前。

帰り際、千葉は大前に対して、

「私は派遣なので派遣の仕事をしっかりやります」

というと、大前は

「派遣に責任はないが、取るべき責任はある。それは自分に対する責任です

派遣なんだと軽く考えるのはあまりに時間の無駄

明日から考えるのをやめなさい」

というと、一礼する千葉。

最後に社長登場。

大前を見て、

「スーパー派遣さん。君は優秀なんだね。我が社のためにしっかり働いてもらえばと。期待しているよ。」

といってエレベータに乗り込む社長を見送る大前。

そのあと

「沈むよ。あっという間に」

と一言。

3話につづく。

ハケンの品格2の見逃し配信は?

現在のところ、ハケンの品格2の見逃し配信はhulu独占している状況です。

huluでは、ハケンの品格2の第1話から全話を配信予定ですので、こちらを利用するしかありませんね。

今なら2週間無料トライアルがあるので、1話を今すぐ観たい方はそれを利用してみてしまいましょう!

無料トライアルで「ハケンの品格2の第2話」をみる!

「ハケンの品格」のオリジナルストーリー「ハケンの珍客」の配信もHuluでみれます!

無料トライアルで「ハケンの品格2の第2話」をみる!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です