ハケンの品格2の3話ネタバレあらすじと内容は?




今回はハケンの品格2、3話のネタバレあらすじを紹介します!



ハケンの品格2、3話のあらすじは?

ハケンの品格2の3話あらすじをは以下となります。

新入社員の井手(杉野遥亮)は、社内で撮った動画を勝手にネットに投稿していた。
社員食堂で亜紀(吉谷彩子)に撮影してもらった動画が騒ぎに。井手の背後に映りこんでいたのはその日、経費節減で社食をクビになったアルバイトの牟田(六角精児)の怪しい姿だった。逆立ちしてふざけているように見える牟田の姿は、食品会社の社食でわざと行われた「バイトテロ」だと騒ぎになり大炎上!クレーム殺到で、スーパーではS&F社の商品が撤去される始末。

その頃S&F社では評判のいいカレーを売りにして社食を一般客にも営業しようとしていたが、バイトテロ騒ぎで当然ガラガラ。さらに売りのカレーは牟田が担当していたため、途端に不味くなっていた。

里中(小泉孝太郎)は社食のカレーが再び評判になれば、炎上を挽回できるはずと、大前春子(篠原涼子)に以前の味の再現を業務命令する。

しかし春子はあと一歩のところで、あの味を再現できずにいた。
そんな中、春子の昔を知るある人物が現れ…。
ハケンの品格2公式サイト



ハケンの品格2の3話ネタバレまとめ

朝から覇気がないS&F。

老後に必要な資産2000万について話し合う社員。

大前に資産2000万はあるのかと質問する社員。

大前「円は持っていない。なぜなら日本は沈没するから」

社員食堂へ行く派遣の福岡と千葉。

おごるかわりにづがをとらせてほしいと要求する新入社員。

新入社員「社食は嫌いですが、ここのカレーは大好き」

カレーを食べている大前。

大前「食べおさめに来ました、カレーの割引がなくなるので」

これまで440円だったのが770円となる。

カレーを食べに来た社長登場。

社長「ここのカレーはおいしい」

同調する社員一同。

なぜ急に値上げすることにしたか社長に質問する里中。

一般にも開放したことが理由と回答する社長。

しかしそこに疑問を感じる里中。

カレーを担当していたバイトと大前がすれ違うと

バイトは大前のことを知っていた。

バイト「バイトを首になり今日をもって解雇となったんだ」

大前「どなたか存じ上げませんが、カレーはおいしかったです」

といって別れる。

カレーの社外販売の会議を開いている社員。

「レトルトで商品化してはどうか」と提案する主任の浅野。

新入社員「プージャが三ツ星着けているからいけるんじゃん」

部長「カレーを全押ししていこう!」

で会議を締めるが、突然、

「無理!!」

という大前。

と同時に定時になったのでそのまま退社する大前。

定時に帰る派遣の千葉。

新入社員の動画撮影に付き合ってほしいと引き留められた福岡。

新入社員の動画撮影につきあわせるはめとなった。

「退屈な会社ライフ。会社員向いていない。俺の居場所はここではない。」

新入社員「Youtuberで食べていくつもり」

社員食堂で手品を撮影していた。

社員「会社にばれないように副業をやるにはアフィリエイト。専門性の高いサイトを作るのがこつ」

主任浅野「よく知っているね」

社員「老後のことは自分でやらないと」

乾杯の合図と同時にフラメンゴのダンスで現れたのは大前。

「社食が炎上中ですが」

という大前。

SNSを確認すると、新人が投稿した動画で映っていたのは厨房の冷蔵庫に身を半分突っ込んでいるバイトの姿。

それに対して避難が殺到していた。

翌日、S&Fへクレームの電話が殺到していた。

クレーム対応のマニュアルを配る大前。

「重要なのは傾聴と共感」

という大前の助言に従う社員一同。

騒ぎも落ち着きつつあった。

部長「ゆうたんちゃんねるのゆうたんはきみか」 

新入社員「はい」

部長「今回のことはうちの中でおさめるので他言はしないように」

後から謝る派遣千葉と福岡。

近くにいた大前。

動画投稿がきっかけでさらに炎上している様子。

バイトテロおじさんのしわざのようであった。

大前「バカとSNS炎上につける薬はありません」

浅野「社食で解雇となったむらさんの仕業だよ」

昼。

社員食堂に人はいなかった。

そこへカレーを食べに来た社長。

社長「社食にだれも入っていないじゃないか」

カレーを食べる社長。

社長「まずい」

部長「ライスカレーは社員のソウルフードです」

改善をするよう依頼された部長。

社員食堂のパートナー会社へヒアリングをする里中と部長。

責任者「経費ぎりぎりでやっている。こちらも撤退するしかない」

部長「むたさんは何をいているか」

責任者「お宅のバイトでうちの人間ではない」

大前の勤めるバーに向かった里中。

里中「社食のカレーを元に戻してください」

お願いする里中は、バイトのむたさんがカレー作りを委託されていたことを話した。

そして20年以上も薄給で働いていた。そのことを知った里中はバイトテロをやるような人間ではないといった。

大前「バイトに同情するなんてあなたはあまあまですね」

里中「あのカレーをもう一度つくりたい。評判も挽回するとおもう」

里中「カレーマイスターの資格をもっているそうですね」

里中「おねがいします!」

大前「無理です」

里中「これは業務命令です」

さらにお願いする派遣二人

不評被害が拡大し、ニュース沙汰になったS&F

「プージャが星0評価にやっぱりという新入社員。

そこに現れたのは大前と派遣2人。

カレーを作ることを決心したようだ。

里中「大前さん、その気になってくれたのですね」

カレーを試食する里中。

里中「いけますね」

大前「やり直し」

妥協できない大前。

スパイス調合からやり直す。

里中「今度こそおいしいですね」

大前「ちがーう」

ジャストマート全店舗にお詫びに言ったが全店舗から断りを受けたと報告する里中。

そこへ現れた社長。

「早く火消しをしろ」

部へ活をいれる。

バーでバイトにカレーを教わる大前。

バイト「ポイントは玉ねぎ 3時間半炒める。小麦粉はつかわない」

大前「やりすぎることかわりないね。23年前。大使館の厨房で。」

「おぼえていたんだ」喜ぶバイト。

大前「これ、このあじ。3時間かけないとこの味はだせないか」

バイト「あとはたのんだぞ。はるちゃん」

翌日厨房でカレーをつくる大前

大前「よし」

カレーを食べに来た社長。

社長「ほう、うまい!元のカレーだ!」

部長「うちのライスカレーはうまいですね」

社長「辛さのあとにあまみがのこる」

大前が一言。

「本当はその値段で出せない値段です。

3時に起きて食材仕入れ。出勤は毎日6時、食材を運び込む。

1円でもやすくするため新鮮な野菜を安く仕入れていた。

そして毎日3時間下準備をする。そうしてようやくこのカレーになる。」

「あなたがたが首にしたむたさんが掃除をしていたのです。

今日限りで首になるむたさんは掃除をしていたのです。

冷凍庫の霜をきれいにしていたんです。」

「ここにいるだれよりも、社員の喜ぶ顔をみるために安くておいしいカレーをつくっていたんです」

「うーむ」とうつむく社長。

その後、社員食堂に客足が戻ってきた。

里中「ジャストマート撤廃の話なくなったよ」

社員「プージャってもしかしてこれ大前さんですよね」

カレーの写真をとる大前がガラスごしに映っていた。

バイトと会った大前。

屋台でカレーを売っていた。

バイト「派遣さん、200円引きにするよ」

大前「安い!でもサバ味噌にする」

大前「S&Fからバイト復帰の話があったらいしですね 大前

バイト「ことわったよ またあちらの都合で首になるのはいやだからね」

4話につづく。

マツコ絶賛のシャバシャバカレー!どこで食べれる?東京のお店とレトルトをまとめ!

ハケンの品格2の見逃し配信は?

現在のところ、ハケンの品格2の見逃し配信はhulu独占している状況です。

huluでは、ハケンの品格2の第1話から全話を配信予定ですので、こちらを利用するしかありませんね。

今なら2週間無料トライアルがあるので、1話を今すぐ観たい方はそれを利用してみてしまいましょう!

無料トライアルで「ハケンの品格2の第3話」をみる!

「ハケンの品格」のオリジナルストーリー「ハケンの珍客」の配信もHuluでみれます!

無料トライアルで「ハケンの品格2の第3話」をみる!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です