税金爆死!東京都のベビーシッター補助利用で高額の税金がかかる?実際の費用と回避方法を解説!




子供がまだ小さく、保育園、幼稚園に預けられない!

というときに考えたいのはベビーシッターの利用です。

東京都ではそんなベビーシッターの利用の補助がでます。

そのお値段は1時間あたり150円!

とても安いですよね。

けど、調べてみると税金がかかるんですよ…

安いからと言ってヘビー級に利用すると、翌年税金がとんでもないことになり、

税金爆死!

となってしまう可能性があるんですよね。

今回はそんなベビーシッター利用支援事業にかかる総費用回避方法について説明をしたいと思います。


東京都のベビーシッター利用支援事業について

都の新しい待機児童対策として設けられた制度で、令和2年4月からベビーシッターを一時間あたり150円(令和2年3月まで250円)で受けられるというのが最大の特徴です。

ベビーシッターは相場2,000-3,000円と言われてますのでかなり安いですよね。

一日8時間、平日利用で月間20日として、160時間を利用した場合は24,000円です。

契約形態は東京都が認定する事業者との直接契約となり、入会金、ベビーシッターがお宅に伺うための交通費、キャンセル料、保険料等が別途必要となりますので事前に確認をしておいたほうがよいですね。

詳細は東京都福祉保健局ベビーシッター利用支援事業(令和2年4月以降に利用される方へ) をご参考ください。

ここまではメリットいっぱいのお話でしたが、うまい話には罠がある、ということで次に罠となる税金の部分について解説します。

実はベビーシッター補助を使った分税金がかかります

実はベビーシッター補助を使った分はなぜか所得扱いになり、その分は雑所得として計上され所得額に応じて税金がかかるんですね。

こちらは東京都が出した税金の試算表です。

月換算の税額の目安(本事業利用により生じる税額(令和2年4月から利用を開始した場合)(月換算・概算額))

給与収入(年収)額
※源泉徴収前の
給与と賞与の合計額
月平均50時間利用した場合(月助成額112,500円) 月平均80時間利用した場合(月助成額180,000円) 月平均120時間利用した場合(月助成額270,000円) 月平均160時間利用した場合(月助成額360,000円) 月平均220時間利用した場合(月助成額495,000円)
¥2,000,000 ¥12,700 ¥21,200 ¥34,700 ¥52,300 ¥82,700
¥3,000,000 ¥13,400 ¥23,500 ¥39,000 ¥59,200 ¥89,600
¥4,000,000 ¥15,900 ¥26,200 ¥46,400 ¥66,700 ¥97,100
¥5,000,000 ¥17,500 ¥32,700 ¥52,900 ¥73,200 ¥103,500
¥6,000,000 ¥22,900 ¥38,100 ¥58,400 ¥78,600 ¥110,300
¥7,000,000 ¥25,300 ¥40,500 ¥60,800 ¥81,000 ¥114,400
¥8,000,000 ¥25,300 ¥40,500 ¥60,800 ¥82,900 ¥116,300
¥9,000,000 ¥25,300 ¥40,500 ¥62,500 ¥84,800 ¥123,900

掲載元:https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/kodomo/hoiku/bs/bs2nendo.files/zeigakumoderu.pdf

利用時間以外にも年収に応じて課税されることがわかるかと思います。

つまりお金持ちほど多く税金を払う仕組みになているのですね。

これを所得税の累進課税制度と呼んでいます。

実際の出費を算出

次に各利用時間で実際にどれくらいの出費になるか見てみましょう。

年間50時間利用の場合

給与収入(年収)額
※源泉徴収前の
給与と賞与の合計額
月平均50時間利用した場合(月助成額112,500円) 1時間当たりの税金 1時間当たりの負担金 実際の負担金①(1時間当たり) 実際の負担金②(50時間利用月当たり) 実際の負担金③(月50時間利用年間)
¥2,000,000 ¥12,700 ¥254 ¥150 ¥404 ¥20,200 ¥242,400
¥3,000,000 ¥13,400 ¥268 ¥150 ¥418 ¥20,900 ¥250,800
¥4,000,000 ¥15,900 ¥318 ¥150 ¥468 ¥23,400 ¥280,800
¥5,000,000 ¥17,500 ¥350 ¥150 ¥500 ¥25,000 ¥300,000
¥6,000,000 ¥22,900 ¥458 ¥150 ¥608 ¥30,400 ¥364,800
¥7,000,000 ¥25,300 ¥506 ¥150 ¥656 ¥32,800 ¥393,600
¥8,000,000 ¥25,300 ¥506 ¥150 ¥656 ¥32,800 ¥393,600
¥9,000,000 ¥25,300 ¥506 ¥150 ¥656 ¥32,800 ¥393,600

年間80時間利用の場合

給与収入(年収)額
※源泉徴収前の
給与と賞与の合計額
月平均80時間利用した場合(月助成額180,000円) 1時間当たりの税金 1時間当たりの負担金 実際の負担金①(1時間当たり) 実際の負担金②(50時間利用月当たり) 実際の負担金③(月50時間利用年間)
¥2,000,000 ¥21,200 ¥265 ¥150 ¥415 ¥28,700 ¥344,400
¥3,000,000 ¥23,500 ¥294 ¥150 ¥444 ¥31,000 ¥372,000
¥4,000,000 ¥26,200 ¥328 ¥150 ¥478 ¥33,700 ¥404,400
¥5,000,000 ¥32,700 ¥409 ¥150 ¥559 ¥40,200 ¥482,400
¥6,000,000 ¥38,100 ¥476 ¥150 ¥626 ¥45,600 ¥547,200
¥7,000,000 ¥40,500 ¥506 ¥150 ¥656 ¥48,000 ¥576,000
¥8,000,000 ¥40,500 ¥506 ¥150 ¥656 ¥48,000 ¥576,000
¥9,000,000 ¥40,500 ¥506 ¥150 ¥656 ¥48,000 ¥576,000

年間120時間利用の場合

給与収入(年収)額
※源泉徴収前の
給与と賞与の合計額
月平均120時間利用した場合(月助成額270,000円) 1時間当たりの税金 1時間当たりの負担金 実際の負担金①(1時間当たり) 実際の負担金②(50時間利用月当たり) 実際の負担金③(月50時間利用年間)
¥2,000,000 ¥34,700 ¥289 ¥150 ¥439 ¥42,200 ¥506,400
¥3,000,000 ¥39,000 ¥325 ¥150 ¥475 ¥46,500 ¥558,000
¥4,000,000 ¥46,400 ¥387 ¥150 ¥537 ¥53,900 ¥646,800
¥5,000,000 ¥52,900 ¥441 ¥150 ¥591 ¥60,400 ¥724,800
¥6,000,000 ¥58,400 ¥487 ¥150 ¥637 ¥65,900 ¥790,800
¥7,000,000 ¥60,800 ¥507 ¥150 ¥657 ¥68,300 ¥819,600
¥8,000,000 ¥60,800 ¥507 ¥150 ¥657 ¥68,300 ¥819,600
¥9,000,000 ¥62,500 ¥521 ¥150 ¥671 ¥70,000 ¥840,000

年間160時間利用の場合

給与収入(年収)額
※源泉徴収前の
給与と賞与の合計額
月平均160時間利用した場合(月助成額360,000円) 1時間当たりの税金 1時間当たりの負担金 実際の負担金①(1時間当たり) 実際の負担金②(50時間利用月当たり) 実際の負担金③(月50時間利用年間)
¥2,000,000 ¥52,300 ¥327 ¥150 ¥477 ¥59,800 ¥717,600
¥3,000,000 ¥59,200 ¥370 ¥150 ¥520 ¥66,700 ¥800,400
¥4,000,000 ¥66,700 ¥417 ¥150 ¥567 ¥74,200 ¥890,400
¥5,000,000 ¥73,200 ¥458 ¥150 ¥608 ¥80,700 ¥968,400
¥6,000,000 ¥78,600 ¥491 ¥150 ¥641 ¥86,100 ¥1,033,200
¥7,000,000 ¥81,000 ¥506 ¥150 ¥656 ¥88,500 ¥1,062,000
¥8,000,000 ¥82,900 ¥518 ¥150 ¥668 ¥90,400 ¥1,084,800
¥9,000,000 ¥84,800 ¥530 ¥150 ¥680 ¥92,300 ¥1,107,600

年間220時間利用の場合

給与収入(年収)額
※源泉徴収前の
給与と賞与の合計額
月平均220時間利用した場合(月助成額495,000円) 1時間当たりの税金 1時間当たりの負担金 実際の負担金①(1時間当たり) 実際の負担金②(50時間利用月当たり) 実際の負担金③(月50時間利用年間)
¥2,000,000 ¥82,700 ¥376 ¥150 ¥526 ¥90,200 ¥1,082,400
¥3,000,000 ¥89,600 ¥407 ¥150 ¥557 ¥97,100 ¥1,165,200
¥4,000,000 ¥97,100 ¥441 ¥150 ¥591 ¥104,600 ¥1,255,200
¥5,000,000 ¥103,500 ¥470 ¥150 ¥620 ¥111,000 ¥1,332,000
¥6,000,000 ¥110,300 ¥501 ¥150 ¥651 ¥117,800 ¥1,413,600
¥7,000,000 ¥114,400 ¥520 ¥150 ¥670 ¥121,900 ¥1,462,800
¥8,000,000 ¥116,300 ¥529 ¥150 ¥679 ¥123,800 ¥1,485,600
¥9,000,000 ¥123,900 ¥563 ¥150 ¥713 ¥131,400 ¥1,576,800

実際の費用については費用と税金込みで時給換算にすると400円前半から700円前半一般的なベビーシッターの利用料2-3千円からすればやすいのではないのでしょうか。

また年間利用料の総額は24万円から160万円まで幅広く、例えば年収300万円のフルタイムパートで8時間勤務20営業日の160時間をベビーシッターで利用すると80万円ほどかかるので、割がよいとも言い切れません。

東京都のベビーシッター利用支援事業補助の賢い利用の仕方は?

やはり、現在の年収と働くタイミングを基準にどれくらい収入があればよいのかということと、いつベビーシッターに手伝ってもらいたいかということを決めから利用するか否かを判断するのが一番だと思っています。

例えば上記のフルタイムで利用すると月6万円~9万円ほどかかりますので、そうなると保育園のほうが安いですよね。

ですので、
・婦両方とも忙しいというとき、
・家事の合間に子供の面倒をみてもらいたいとき、
・急な学級閉鎖で自宅待機になったとき、
・園の送り迎えをしてもらいたいとき、
など、スポット的に利用するのが一番よいと思っています。

またなによりも、いざという時に利用できるベビーシッターがいるととても安心材料になりますね。


さいごに

いかがでしょうか。
今回騒動の発端となったのは、東京都が開示した料金以上に税金という別の費用が掛かるといった点です。

計算しても民間のベビーシッターより安く、メリットの多い制度かとおもいますが、伝え方が良くなかったかもしれませんね。

1時間150円とおもって利用したら、翌年数十万の税金がきた、なんてあったら嫌ですからね。

今後の開示内容の改善に期待したいところです。





そろそろ旅行もいいかもしれませんね


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です