神戸赤十字病院で保管マスク6000枚が盗難!なぜ?誰の犯行か予測!




神戸市中央区脇浜海岸通1の神戸赤十字病院で、保管するマスク6千枚が盗まれていたことが18日、関係者への取材で分かった。

 関係者によると、マスクは医療現場や医療用に使用される「サージカルマスク」で、1箱50枚入り。120箱が盗まれたという。
https://article.auone.jp/detail/1/2/2/169_2_r_20200218_1581996801594534?ref=top

神戸赤十字病院で保管するマスク6千枚が盗まれていたとの報道が18日にありました。

Twitterの反応と誰の犯行か予測してみたいと思います。


Twitterの反応

犯行の整理と気になった点について

犯行状況をまとめると以下の通りです。
・盗まれたマスクは医療用の「サージカルマスク」
・4万円相当
・マスクは段ボール箱に入った状態であったそうです。
・保管されていた場所は3階の機械室。
 普段は施錠されており、職員しか入ることはできません。
・13日の点検で段ボールが4つなくなっていることが発覚したとのことです。
・4日間も院内を探し回っていた。
・17日に被害届をだした。

そこで気になった点は
・13日時点で段ボールがなくなっていたことがわかっているのになぜ通報までに4日以上かかったか。
・保管物の棚卸はどのタイミングでやっているか。
・施錠されているとのことだが、鍵の形式、施錠管理、記録はどうなっているか。
・そこにマスクがあることがわかる人間はだれか。
・誰にも気づかれずに段ボールを運びだすとなると犯行時間帯は深夜か。
・盗むリスクを考えると4万相当は安すぎではないか。
です。

犯人を予測

まず施錠されている機械室に保管されていることから、内部の関係者である可能性が高いです。

また鍵の形式も気になるところです。おそらく簡易的なものだと思いますので、そうだとするとダイヤル式か南京錠といったところで、内部の人間であれば容易に破ることが可能です。

また、段ボールを4つもすんなり運びだすことができたわけですから、電子認証や監視カメラなどセキュリティーは弱いものと想像できます。

発覚から通報まで4日もかかったところも気になるところです。
病院側からしてみれば4万相当のマスクは資産というよりは消費財に該当するので、本腰をいれなかったのかと想像します。

つまり定期的な資産棚卸のなかにこのマスクがはいっていたかも微妙なところで、そこをついて、犯行に及んだ可能性があります。

犯人はこのマスクを拝借してもだれも気付かないのではとの思いから犯行に及んだかもしれません。

次に犯行の目的ですが、

ニュースでもある通り、転売目的かなと思われます。

しかし、今回盗まれたのは医療用のマスク。

メルカリやヤフオクへ出品すれば一発でばれるのではないでしょうか。

ですので、国内で転売はしないのかなと思います。

でどこで売るかですが、医療用のマスクを一番欲しがっている人はだれかというところになるですが、

やはりそこは高機能マスクを一番欲しがっている武漢ではないかなと思っています。

転売は転売ですが、おそらくブラックマーケットで売買されれるものと思われます。

最後に

医療機関に備蓄がされているマスクはその地域の人たちのために用意されている医療用品です。

いざという時に保管庫が空っぽだったということがないように、これを機にセキュリティーを強化してもらいたいと思います。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です